• ホーム
  • AGAになってしまった時の対処法

AGAになってしまった時の対処法

髪をきれいにしたい男性

AGAは進行していくため、早めの対処が必要になります。
病院にて治療を受けることも大切ですが、より治療効果を出すためには、頭皮を清潔な状態に保つ、毛根に十分な栄養を与える、生活習慣や食習慣を変え健康的な身体をつくることが基本となります。

AGAでは、頭皮を清潔な状態に保つことが大切です。
清潔な頭皮を保つことで、毛髪の成長や維持を外側から支えることができます。
具体的には、洗髪の見直しです。
洗髪することで、余分な皮脂や汚れ、雑菌を洗い流すことが大切です。
洗髪前には、事前準備として、軽くブラッシングをしたり、手ぐしとぬるま湯で髪をすすぎながら髪や頭皮についている汚れを落としておきます。
シャンプーは、よく泡立ててから洗っていきます。
ただし、ゴシゴシと力を入れるのではなく、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗います。
すすぐ際は、髪の毛が伸びる方向とは逆に頭の下から上へと流していきます。
生え際や後頭部、耳の後ろなどに泡が残らないようにしっかりとすすぎます。

また、毛根に十分な栄養を与えるためには、食事の見直しが大切です。
AGAの対処法としては、バランスの良い食事を行い、毛乳頭から毛母細胞へ栄養素を与えることが基本です。
髪の毛の元になるタンパク質やビタミン、鉄分、カルシウムなどをバランスよく食事に取り入れていきます。
バランスの良い食事を基本としながらも栄養が不足していると感じる場合には、育毛に良いとされるビタミンやミネラルをサプリメントで補給することも有効です。

生活習慣では運動を習慣づけるようにします。
運動不足は、内臓を含めた全身の機能が低下し、新陳代謝がうまくいかなくなり髪の成長に影響を与えることになるため、毎日20分程度のウォーキングを習慣化するようにします。

AGA治療薬は、こうした万全の状態でより良い効果が表れます。
有名なものは薄毛の進行を止め、育毛にも効果があると言われるフィンペシアです。
フィンペシアの有効成分フィナステリドは、薄毛の原因となるDHTの量を抑え毛髪の成長サイクルを改善します。
しかし、フィンペシアを飲んだからといってすぐに薄毛が改善するわけではありません。
こういったAGA治療薬は継続的な服用で効果を発揮します。
最低でも半年から1年は継続が必要なので、AGA治療薬には多大な金額がかかります。
そこで役立つのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は先発薬と同じ効果を持ちながら、先発薬よりも安く手に入れることができます。
フィンペシアのジェネリック医薬品にはエフペシアがあります。
エフペシアもフィナステリドが配合されているので、フィンペシアと同じく薄毛の進行を改善する効果を持っています。
エフペシアのジェネリック医薬品としての特徴は、フィンペシアよりも安く手に入る点と、フィンペシアのコーティング剤として使用されている添加物キノリンイエローが使われていないので、長期間の使用に対する安全面がフィンペシアよりも改善されている点にあります。
個人輸入の通販を利用すれば、長期間の服用にはうれしいまとめ買い割引もありますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。